33nikki ~だいぶ大雑把な二児母育児記録~

8歳娘と1歳息子、フルタイム兼業主婦の大らかで大雑把な日常の記録です。基本毎日楽しくやっています。

31w4d 外回転術

わたしの愛しの逆子ちゃん。 本日の通院チェックでも絶賛逆子中だったので、 「外回転術」という措置を行っていただきました。 エコーで胎盤位置や頭部位置を確認した後・・・それは 「ちょっと回してみよか」的なノリで突然始まりました。

先生がおなかをギューギュー押さえ始め、イタイイタイと言う間もなく。 ほんの2、3分位? ベイビィの頭部は、見事くるりんぱと下向きになってくれました。すごー!

いや実はこの「外回転術」って言葉、支払い明細見て初めて知ったw

帰宅してググってみると、いやぁ、 外回転術ってメリットデメリットとか、色々あるんですねぇ!! 『張り止めを処方して行う』 『1日入院する必要がある』 『麻酔を使用する場合もある』

え・・・・そ、そんなに難しいもんだったの?!?! 先生があまりにもしれっと処置してくださったため、 夫なんぞは そんなに簡単に回るんや(笑) みたいなコメント。 でもほら見て、ググったページには 『効果のない場合もある』 とか 『早産の危険も伴う恐れがある』 とか 怖いこと書いてる。

つまりですね、先生は名医だと思うんですw 医師2名で回しておられるこじんまりとした産科なので、取り扱う件数も多いと思うんだ。 実際、今日担当して下さった名医は、一人目の娘を取り上げて下さった女医さん。 色んな出産現場を経験されて、色んな経過も見て来られてるんだろうなぁ。 あぁこの病院にしてやっぱり良かった、なんて 違う視点で感謝感謝でありました。

外回転術自体はものの数分で(実感もないままに)終了。 問題はこの後です。 そう、腹帯指導です!

今回の妊娠ではかなり気が抜けているようで、 腹帯に関して全く興味がなかったと言うか、かゆみを伴う湿疹のせいと言うか 腹帯を巻く気が全く起こらないまま今に至ります。 せいぜい弱っちいサポートタイプの妊婦パンツ履く程度(楽だからね)。 先生に 「お腹が大きく広がりすぎて、赤ちゃんが回転する隙間があるからあかん。 これは締めていかないと!」 と言われ、これでもかという位に腹帯をギューギューと締められました。 「隙間があるからタオル入れなあかんわ!」 と、お腹の上横あたりに、くるくるっとおしぼり状にまるめたタオルを一対突っ込む。 せんせい・・・・・く・・・・くるしい・・・・・で・・・・・す・・・・・・・・!!! なーんてノミの心臓な私が言えるわけもなく。 午後から出勤だったのですけれど、うん、仕事中もめちゃんこ苦しいよ・・・!?

あとは姿勢ね。どうしても反ってしまうのを直線に戻し、 スイカを抱えたような姿勢で過ごすこと! と指導されました。 あと、寝る向きはどちらでもいいとのことでしたが、 左を下にして寝たほうがいいねーとおっしゃってたので、今夜からそうします。 それにしても、腹帯と詰め込んだタオルが苦しい。 これって、就寝時は外しても良いんかしら? もしかしてこのまま寝なきゃだめとか・・・・・? そのへん聞き忘れたんですけど、おそらく帰宅後すぐに外しまっす! だって、腹帯と詰め込んだタオルが・・・・(以下略)

しかしあの、スーパーテクニックを見てしまうと、 先生の言うこと真面目に聞こうって思いますよね(いや、いつも聞いてますけどね) すごいなぁ。 今日はなかなか楽しい初体験の一日でした。

さぁ産休まであと数日! 業務引継ぎ・・・・・・出来る気がしない・・・・・・・・・!! ひとまず机上や引き出しの中をまとめないとなぁ。 もうガサっと紙袋にザラザラ入れて持って帰る!!!!!

産休に入っても、結構やることあるんです。 娘の保育園卒園関係、行事関係・・・ お部屋の片付けもまだ。 ベイビィお迎えする準備もまだ。 入院準備なんか全然出来てない。 飼ってるニャンコはお腹壊すしさぁ。 飼ってる金魚ちゃんもちょっと元気ないしさぁ。

第一子と同じく、夫がマイペースすぎて 2か月後にベイビィがそこに居る実感が全然沸きませんw 『どうやって健診行く?自転車?診察終わったらそのままサイクリングでも行く?』 みたいな会話が日常です。 お腹つっかえるっちゅーねん。 下腹に力入れたくないっちゅーねん。 タクシー乗りたいっちゅーねん。

あーたのしい。