33nikki ~だいぶ大雑把な二児母育児記録~

7歳娘と1歳息子、フルタイム兼業主婦の大らかで大雑把な日常の記録です。基本毎日楽しくやっています。

息子 生後9か月と21日

ヤダ昨日はポッキーの日って知ってました?

帰宅してバタバタ晩ごはんの準備して発熱息子にごはん食べさせて、夫と娘と私もごはん食べて、洗濯して、子どもをお風呂入れて、ちょっとだけ家族でWiiFitして、食器洗って、子どもたちを寝させたあとに夫が言い放った言葉。

『きょうポッキーの日やで』

 あぁ・・・そうか・・・
そうですよね・・・
みんな知ってますよね・・・
だって1/11ですもんね・・・

 

Xmasとか節分とかひな祭とか、そういう類のイベントまではしっかり把握して、何かしら下準備するんですけれど、

これが冬至やら土用の丑やらになるとすぐすっぽかしてしまうのは私だけ?
季節の節目にやってくる行事までは追いつかないんだよ~~~~
でも子どもに日本の四季のうつろいや風情を感じてもらいたいのもあって、なるべく頑張ってはいるのですけれど・・・

そんなことに思考回路を裂く暇がなかった、と言うか(言い訳)
日々のめまぐるしい生活に忙殺されすぎですね。
これではあかん、肝に銘じます。

 

(でもまぁ、ポッキーの日はどうでもいいんじゃね?)

※このあと、夫が二軒隣のコンビニまでひとっ走りして
ポッキー買ってきてくれました。
愛してる夫!!!

 

 

息子の発熱は無事に治まりました。
い、インフルエンザじゃなくてよかったァーーー!
念のためもう一日お休みさせよう!と母からの有り難い連日子守り宣言。
ありがとうございますぅぅーーー!
安心してお仕事行ってきまっす!!

 

その息子、自分の足で自立し始めたのが3週間前、
今ではニコニコ笑顔をふりまき、ドヤ顔で立って見せてくれます。
コタツを出してからというものの、高さが丁度良いみたいで、ずっとつかまり立ちしています。
そして、コタツの上に乗ってるみかんを皮ごとかじって、しぶ~い顔をしております(笑)

 

しかし、物の置けないコタツ机って、いったい何なんですかね(遠い目)
せっかくコタツに入ってぬくぬくみかん食べようと思ってたのに、みかん置いておけないって言うね。
猫たちも、コタツに近付いたら奴(息子)にやられる・・・!と警報出しまくっているようで、猫なのにコタツで丸くなりませんww
かわいそうなニャンズたち・・・!

ニャンズのエサ場も、台所の奥にお引越しとなりました。
だって息子が、まき散らして遊ぶんだもん。食べちゃうんだもん。
水飲み場もリビングを出て廊下へお引越し。
それでも廊下(の水飲み場)を目指してハイハイで突進する息子・・・
息子よ・・・その水場は水あそびをする場所ではありません・・・

唯一ニャンコトイレだけはリビング内の定位置にありますが、
やはり手を突っ込んでいくので要注意です。

 

そこまでして猫を飼うのか・・・!?
あぁ飼うとも!!猫って自由でいいもんだよ?!

 

娘を出産する前からすでにニャンズが居ました。
妊娠中は猫のフンの始末に気を付けて・・・!
赤ちゃんのいる家にペットってどうなん・・・?

なんて言われたりもしましたが、基本気にしないタイプ(大らか)なので大丈夫。
ニャンズが居て当たり前だと思っているからね。
せっかく縁があって預かった彼女たち(二匹ともメス)、命果てるまでしかと見届けようじゃないの・・・!と覚悟して飼ったニャンズを、どうして途中で放ることが出来ましょう。

・・・と演歌みたいなノリで生ぬるく見守りながら飼っています。
飼っているというか、共存してるみたいな感じです。
構ってほしい時とエサほしい時だけすり寄ってくる、そんな自由なニャンズが大好き(笑)

 

・・・しかし、久々に食べたポッキー。
パッケージを開けて開口一番、夫は「少なッッ!」と嘆いていた。
そして私は、鼻風邪引いていてあんまり味が分からなかった。

だめだこりゃー(=v=)