33nikki ~だいぶ大雑把な二児母育児記録~

7歳娘と1歳息子、フルタイム兼業主婦の大らかで大雑把な日常の記録です。基本毎日楽しくやっています。

息子1歳6か月と14日 歩いて走って飛んで跳ねて

うわ・・・私の更新久々すぎ・・・?!

 

息子、1歳6か月を過ぎました。
歩いて走って飛んで跳ねて、そして転んで怪我をするってね。
テーブルの角でごっつんこは日常だし(もちろんコーナーガード付いてます)、保育園のお友達と噛んで噛まれては当たり前、虫刺されの掻きむしりで手足は血まみれ

どんだけ可哀そうな感じの息子なんでしょうか・・・
虐待と違います、幼児って生傷絶えないんですぅ
と肩身の狭い思いをしています。
薬を塗っても絆創膏を貼っても、結局気になってベタベタ触るし剥がすもんだから効果減。
土台のお肌はもっちもちなのに・・・あぁ勿体ない。

でもこれが男の子なんですかね。
いや待てよ娘のときもこんなんだったな・・・男女差の問題ではないか。
保育園児を無傷で育てる方法があったらぜひ教えて欲しいものです。生死に関わる怪我だけはしないよう、見守るほかないです。

言語も発達してきました。
こちらの話していることは大体理解してくれているようです。
「納豆食べる?」「うん(コクリ)」
「どっちがいい?」「こっちー(指さしながら)」
「にゅーにゅーちょーだい(牛乳ちょうだい」
「とあっくー(トラック)」
「バシュきたねぇ~(バス来たねー)」
「ぶっぶ~~~~~(車)」

さすが、食生活に関する会話はほぼ成立しています。
車の話題、多いです。
家が商業地に近くトラックも多いので、目に触れることが多い車に興味が行くのは当然かも知れません。
そう思うと、毎日の生活環境って本当に大事なんだなぁと思います。きっと家の周りに大自然が広がっているならば、それに順応して外遊びの大好きな逞しい子どもになるんでしょうね。
我が家の周りには小さい公園位しかないため、お休みの日は自然に触れさせてあげたいなぁとは思うのですけれども。キッズスペースでおもちゃ遊びさせたり、ベビーカーに乗せて買い物に連れ歩いたり、父母揃っての連休がほぼないので、あまり遠出しないです。
あーキャンプ行きたいなァーーー

 

でも秋はイベント目白押しで、キャンプ行く暇がないというのが実情です。
小学校や保育園の運動会に、秋祭りの稚児奉仕。何より娘のお誕生日もあるし、こういったイベントのたびお休みしてたら、有給なんてあっという間に無くなっちゃう。
娘のお誕生日、ケーキも焼いてあげたいしご馳走も作ってあげたい。いやご馳走つっても娘の好物を並べることになるので、から揚げポテト率が高いんですけれども。
どうしても休めない日は、ケーキもオードブルも予約してピザ取って、夕方にバタバタ準備して・・・みたいな時もあります。それでも喜んでくれるし、誕生したその日を純粋に楽しんでくれたらそれでいいかな、と。
もちろんプレゼントは事前に準備しますしね!
いやむしろ娘にとってはプレゼントが重要なんで!!
来月8歳になる娘、お誕生プレゼントのリクエストは
「ゲームセンターでクレーンゲーム一日やり放題」
あ、プレゼントというのは、形に残らなくてもいいんだなぁと(笑)しかし一日中やりたいって、どんだけ魅力的なのクレーンゲーム・・・せめて半日にして・・・景品増えすぎて困るねんて・・・
娘の記念日、一緒に楽しみたいと思います!
そのうちお誕生日も記念日も、お友達やカレピと過ごしたりするようになるんだろうし、今のうちに楽しむぞ!

息子 1歳4か月21日 幼児と乳児の境目はどこだ

先月は義両親を巻き込み派手な夫婦喧嘩をやらかしていましたが、なんとか無事に終息。今は普段通りの生活を送っています。そう、何もなかったように通常運転。
子どもが2人居て日常生活はどんどん迫ってくるんだからまぁ、そうなりますわな。いつまでもごちゃごちゃ言ってらんないし、ごちゃごちゃ言ってる時間もない。前向きに行かねば。夫婦助け合って日常を消化していかないと生活が成り立たない。
そりゃあまぁもっと言いたいこと沢山あったんだけれどもねー(ごにょごにょ)
次の機会に取っておくことにします(次あるんかい)

 

 

さて。
そんなこんなで夏休みも半ばに差し掛かっております。
うちの小2娘も夏休みを楽しく過ごしております。とは言っても両親共働きで日中家に居ないため、ほぼ学童(児童館)に通ってもらっていますけれども。
小2娘は学童でも比較的楽しくやっているようです。今はけん玉がブームでね・・・自宅に戻ってからもけん玉の練習は欠かせません。ごくごく一般的なマイけん玉をゲットしたわけですが、たくさん使ってくれて母はうれしい。でもちょっとまって、足元に乳児がウロウロしてるからね?気を付けてね!?


もうすぐ1歳5か月になる息子の成長には目を見張るものがあります。
とりあえず今マイブームは
「いやや」
何でも
「いやや」
ちょっとつまづいたら
「イタイ!」
気に入らない出来事があれば
「イタイィー!」

とまぁ自分でも乱用しすぎてわけ分からなくなっております。
わかったわかった、とりあえず「いやや」「イタイ」がお気に入りなのね!
何にせよきちんと意思表示してくれるのは嬉しいことです。
そしてお姉ちゃんの持っている物をすぐ横取りに行くよね。
彼のマイブームは
「お姉ちゃんの筆箱荒らし」
「お姉ちゃんが積んでくれた積み木崩し」です!
あと,お姉ちゃんから奪ったものを引きずり回しながら家中を歩き回るのもたまらんよね。

 

可愛いです。
いややと言われても可愛いです、この乳児め。

あれちょっと待って、乳児と幼児の境目ってどこなのかしら?
とふと疑問に思ったのでググってみましたら
児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子を乳児といい、
幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことを言うのだそうです。

ということは・・・うちの息子、
いつの間にか幼児になってたのねぇ(*・ω・)

どーりで某はなまるうどんの小、ぺろっと平らげるわけです。
ごはん食べてパン食べてバナナ1本食べて、それでもゼリーを要求するわけだ。
そういえば最近抱っこひもが窮屈だわ・・・またわたし太ったかしら?!とか思ったけど違うわ。息子が成長してたんだわ。いややっぱり違う、私も太ってきた。現実から目を逸らすな。
少々内股ではあるけれど、小走りも上手になってきた。
ますます成長が楽しみな時期。
保育園でもパワフルに生活しているようです。
そうまるで、ジャイア・・・・ゴホンゴホン!

 

お盆休みは2泊3日でキャンプへ行ってきます。
1歳児を連れて家族キャンプ・・・
よく考えたらすごく大変なのでは・・・
父母のうち一人が子守りに徹する作戦です。
さてさて、どうなることやら!(←たのしみ)

 

 

そうだ、お母ちゃんも元気でないと駄目なんだ

昨日は珍しく気の滅入る訃報があったので、何だか胸苦しい一日を過ごしました。

別にお会いしたこともないし、ファンでもないし、えらいべっぴんさんどすなぁ(いけずじゃない無関心風な京都弁)位に遠目で見ていたんだけれども、同じ長女長男の順に授かった二児の母として少々シンクロする所もあった。
子どもを残してこの世を去る辛さ、くやしさ、虚無感、なんて、言葉を並べるだけなら簡単だけれども、その想いは想像を絶するのではないだろうか。
何一つ自分は悪くないのに自分のことを攻め続けたんだろうなぁとか、残し行く家族のことを想いながら召されたのだろうなぁとか、本当に心残りだろうなぁとか。

生命は大事。
家族は大事。
それ以前に自分のことも大事にしないと、結局家族を不幸にしてしまうんだなぁ、と改めて考えさせられた。

本当に健康には気を付けないと駄目だ。
出産し、自分の命を投げ打ってでも守りたいと思える大切な存在が出来た時から、気付かないふりなどせず自覚するべきだ。お母ちゃんもお父ちゃんも大事だ。

 

まだ胸苦しいわ。

お悔やみ申し上げます。

息子 生後1年2か月と16日 よちよち歩く姿はたまりませんなぁ

息子。もうすぐ1歳3か月になります。
足元フラフラしながらもしっかり歩けるようになりました。
ようやく歩き始めた初心者だと言うのに、なぜ小走りしちゃうんだろ。そりゃ転ぶでよ。先日はマンション玄関の石畳部分に顔面から転倒し、血まみれになる惨事がありました。お顔の右側、青タンとカサブタで痛々しいわ。

それからあの、「こっちまで追いかけてくる?追いかけてきてくれるよね??!」みたいに期待の視線を送るのやめて。そんな可愛い視線浴びたら、母も追いかけないと駄目やん?そしたらテンション上がった息子は足がもつれて転ぶやん?追いかけた私のせいになるやん?
はぁ悪循環。でも追いかけるよ?キャッキャ言いながら逃げる息子、可愛いから!


すでに寝汗がすごいです。きっと冬用のマイヤー敷パッドのせい。(いや取り替えよう私?)
お値段以上の某ニトリへ行こう行こうと思いながら、夏物ファブリックに模様替え出来ていません。
お家の片付けも出来てないし、娘のレッスンバッグも作れてないし、息子の保育園に持たせるぞうきんも作れてない。あかんやん私。
とは言え、これでも結構いっぱいいっぱいな私がいます。


これ、3人目とか出来たらどうするんだろう私。
いや、そもそもまだ産むつもりなのか私。
正直言って経済的な事情もあるので無理なのですが、子は宝物だと身に染みて思っているし、為せば成るのではないか!?と淡い期待も抱いていたり・・・いなかったり・・・うーん、自分の気持ちがぼんやりしていて。
不妊症な私が2人の子どもに恵まれたことだけで奇跡だし、(一人目懐妊のときは、不妊科の先生に結構本気で「奇跡やな」と言われた)両親にも男女の孫の顔を見せることができたし、私はもう十分幸せですし。
私の周りには3人目を出産するパワフルな方が多くて、「私もいけるんじゃね?」みたいな錯覚を起こしてしまいます。
いや・・・無理・・・やっぱり無理だわぁ・・・
もう少し自分を大切にしようと決めた矢先なんだから・・・!



そういえば先日、久しぶりに高熱を出しました。
子どもじゃなくて私が。
しかも、いつもなら1日寝れば下がる熱が、2日間ずっと下がらなかった。
これは地獄。生き地獄。
寝たきり地獄。
意識もぼんやりしているし体は動かないし、熱で喉をやられて声も出ないので助けが呼べない(笑)水分補給がやっとこさ出来る状況で、解熱剤も這いつくばって取りに行って、フラフラよろめきながらコップにお水入れて・・・
どうやっても体が動かなかったので、『とりあえず子どもたちをお願いします』と母にヘルプをお願いしました。LINEでね!
夫もまぁ居ることはいたのですけれど、小2娘と1歳息子を一人でお世話するのは厳しいみたいですし、ごはん作らない人なのでね。義母のお世話を嫌がることなく受け入れる人なので逆に良かったです(笑)

寝たきり生活2日間やってみて思ったことは
『わたし案外まいにち家事頑張ってた』
ということでした。

解熱後の我が家は洗濯物も山のようだったし、冷蔵庫の中もぐっちゃぐちゃになってたし、あちらこちら散らかり放題・・・。毎日掃除していないを公言している私ですが、いや、無意識に最低ボーダーラインをしっかり持っていて、なんとなく無駄のないようやっていたんだなぁと気付きました。
いやまぁ、総合的に見れば片付いていないんですけれどもね!

あと、もう無理の利く年齢でないこともわかりましたので、
出来るだけ自分を大切にしたいと思います。

・・・なんて言いながら、
「あれ?自分を大切にするって、具体的にどーすりゃいいのかしら」と
自分を見失っている自分がいて、びっくりしてしまいましたとさ!(笑えない)

息子 1歳1か月と14日 生きることは食べること

私のGWが終わりました~。

今年は例年になく大型な連休を頂いてしまいました。な、なんと6日間!こんなGWは久々ではなかろうか。動揺してしまって、不覚にも『何したらええんじゃろか』状態になってしまった。あかんねー。
日頃、やりたいこと山積みのくせにね。

子どもが生まれてからというものの、ライフワークだったビーズアクセサリーの制作もぱったり休止中です。パーツ小さいから絶対に誤飲するし危ないやん。フェルトマット敷いててもニャンコの猫パンチ炸裂でビーズ転がるし、じっくり取り組む時間も無くなったしねぇ。
そんな中、ショップですごく好みなシャツとビーズネックレスのコーディネートを見つけました。小2娘と『母の日にばぁばにプレゼントしよう!』ってことになり、勢いでパーツを購入してきました。ツールは揃っているのであとはやる気を起こすだけ・・・さぁGWにやるぜ・・・!やるんだぜ・・・・!と思っているうちにすっかり私の連休は終わってしまったという。えへへ、いつものパターンだよーヤッホー!!

何だか変なテンションですいません。
いやー、楽しかったんですよGWが。
あれこれ目白押しだったので正直身体的にも疲労感で一杯なんですが、生きるための活力は湧いてきている。嬉しいなぁ。家族サービス頑張ってくれた主人に感謝ですね。
ただ昨日から、主人は自分の羽根だけをバッタバタさせて遠方へ1泊2日のツーリング旅行に出かけてしまいましたけれどね!!端午の節句ぅ・・・息子の・・・息子のお祝いは一体どうするの・・・・(*・ω・)なーんて言いながら、ちゃっかり実家で盛大にお祝いしましたけれども。(毎年この時期なのですっかり諦めている)



さて表題のとおり。

息子の食欲が、ついに小2娘を追い越しました。


お茶碗にしっかり一杯分食べる1歳息子。
それを横目に必死にお茶漬けなどで無理やり辛そうに流し込む小2娘。

うわ~~~~
どんだけ食べるんですか。

イモ類は必須ですよ、お腹に溜まるから。あとは栄養価が気になるので比較的食べる根菜を中心とした野菜の煮物も必要です。あと味噌汁が大好きだわ。特にかぼちゃと豆腐の味噌汁。甘くておいしいよね~~~ゴッゴッ・・・と喉を鳴らしながらすんごい勢いで一気飲みです。飲み干せる程度のぬるめ~常温が好きなようで、熱いとめちゃんこ怒る(そら怒るやろ)。
あとはタンパク質ね、煮魚、焼き魚が好きみたいです。某コストコのサーモンフィレを小分けに冷凍してあったのでそれを続けて出していたら、さすがに最近は飽きてきたのか食べてくれなくなりましたが(笑)
『じぃじの釣った魚、よく食べてくれるわ~!』
の一言が我が父を海へと誘い、暇を見つけては舟釣りにいそいそ出かける私の父。ほんと、有り難いわぁ。
お肉も噛み切れる程度の加工肉ならOKです。先日あげてみたチキンナゲット、それはもう凄い勢いでなくなりました。まだ歯が生えそろっていないからねぇ、上4本に下3本では食べづらいだろうて。
あとは定番の卵焼きを添えて。大人のお弁当に入れるだし巻きなんだけれど、ちょっと塩分高いかしら・・・でもおだし入れて巻かないと美味しくないよねぇ・・・
あとデザートは必須ですね。定番はバナナ。半分~1本。


こうやって羅列してみても、やっぱり結構食べています。
最近はお茶もよく飲むようになりました。
おやつもしっかり食べて、出すもの出して(失礼)、う~~~~~ん健康!!
満腹食べたあとのお腹が本当に破れそうです。
おへそが飛び出しています。

えぇと、何の話だったっけ・・・・
あぁそう!息子なりに一生懸命生きています!!というお話!!

『お皿が大きすぎるからたくさん盛り付けちゃうのかな?』
ってなことも考えて小ぶりなのに変えて悪あがきしてみたりしたけども(笑)
(でも結局おかわりに応じるので意味が無いことに気付いた)

だって。
見事な食いっぷり。
嬉しいじゃないですか。
ニコニコしながら美味しく頂く。
生きることの原点ですよコレ。
息子よ、たくさんの気付きをありがとう。

 

ちなみに、おやつのイモ・バナナ等のあとは
これを寄越せと要求されます。
お気に入りのようです。
一気飲みはヤメテ・・・・(*・ω・) 

 

息子 生後1歳と1か月 自分を大切にするということ

春ですね。


二人目育児は時間が飛ぶように過ぎ去っていくとか、あんまり手をかけなかったとか言いますけれど、

あれって本当ですね

いや~毎日が飛ぶように過ぎ去っていくし、あっという間に息子もぐんぐん成長しています。いや、手間は惜しんでいませんよ?離乳食も頑張って作ってますし、全力で遊んでます。
保育園児なので遊び方が上手になってきて、おもちゃや絵本を持ってきておねだりすることも覚えました。さすがにまだ集団遊びまではいきませんが、一人でおもちゃをこねくり回したり、ミニカー走らせてみたりしてる。


あと言語。
記念すべき第一声は
『マンマー』
でした!
ママじゃないよ!ごはんだヨ!
うーん生きることに正直でいいよね!
ごはん大事だもんね!!
いつか親から離れて巣立っていくのだから、それで良いのだ息子よ!食いっぱぐれのない充実した人生であれ!!


今日ちょうど1歳と1か月です。
かわいいわ・・・・かわいいわぁぁぁぁァァァ
これが男の子だからなのか、赤ちゃんだからなのか、判断出来ませんが。娘を溺愛していた頃と一緒です!(あ、今は娘を溺愛していないわけではないですよ?愛し方が変化しただけなのさ。)

よく『男の赤ちゃん可愛いでしょ~!』とか言われるんですけれど、ぶっちゃけ男女差ってあります?いやいや女の赤ちゃんも可愛いし娘も可愛いっちゅーねん、どこに違いがあるのさ?とひねくれてみたりする私。甘えん坊なのは男の子だからなの?その子の性格じゃなくて?男女の違いとして一括りにすることにいまいち納得できないんだよなぁ・・・


1歳1か月、よく食べます。
すごいです。もりもりです。
混ぜご飯やのっけご飯よりも、白米が好きです。
手づかみで、ご飯粒を飛び散らしながら豪快に食べています。
白米の量は小2の娘が食べる量より多い。
おかげさまで、お腹回りがポンポコリン。
それに伴い大便の量も半端ないです。
収まりきらないのでオムツをLサイズに変更したことは内緒の方向で・・・!


この冬はよく風邪をひきました。
万年鼻たれ小僧様でした。
あと件の乾燥肌。
ここ数か月は皮膚科も少しお休みして、ワセリンを塗りたくる方針でやってみました。うーん、やはり一進一退ってとこですかね・・・ステロイドを使わないので劇的には良くはならないし、ワセリンだって1日塗り忘れると乾燥がぶり返す。
成長過程で良くなっていくんだろうか。
季節の変わり目はさらにひどくなっているような気もするし、ワセリン一択を諦めて、また皮膚科へ行ってみます。良い機会なので、セカンドオピニオンを見つけようー。



私自身のことで言いますと、めちゃんこ精神的な疲労溜まっております。
皆のごはん作り終えて食べさせた後、私も晩ご飯をかっ込みますが、そのあたりでちょっと記憶が途切れるわ。満腹感と安堵感とがあいまって睡魔が襲ってくる。そのあとからもお風呂入れたりお布団敷いたり洗濯物回したり何かと動いていますけれど、動力は何で動いているんかって感じです。きっと精神力(と寝る前のアイスクリーム)だけで動いてる。
あー毎日しんどい。
これいつまで続くかな・・・
もう少し続くわなぁ・・・

食事については、1歳息子の分を作って、旦那さんと娘のご飯を作って、食べさせ終わったあと残ったものを適当にワンプレートに乗せて食べています。自分で洗うんだからお皿も減らしたいしねw
自分のことを時間軸的に後回しにすることは全然構わないんですけれど、もう少し自分を『大切に』しないと駄目だなぁと。子ども優先は当たり前だし、それについては何の文句も不満もないけれど、比重が偏りすぎているのかも、と思い至りました。

小さいことなんですけれど、朝食のパンも「家族の食べ残し」でお腹を満たすのをやめました(笑)かじりかけのパン、すごーく勿体ないし、公園の鳩にやるわけにもいかない昨今だし、ちょっと躊躇してしまう貧乏性な自分が居るんだけれどね(笑)

「自分のために確保したパンを食べる」

ただそれだけのことなんですが、こんな小さなことからもう少し自分を大事にしてみたい。

そんな昨今です。
はぁー、自分、お疲れ。


息子 1歳と1日 歩いたり止まったりしゃがんだりして僕は元気です

息子が1歳になりました。
なんだかあっという間だったなァ。

だって、もう息子歩いているもん(〃ω〃) 


成長が早いなぁとは思っていたけれど、なかなかのスピードですわ。こればかりは個人差があるので早ければ良いというものでもないし、ちょっとぐらい遅くて良い塩梅なわけですが。
フローリングに寝転がってオギャーオギャー言うてた頃が懐かしいわぁ。
1歳になり、自分の意志でどこでも歩いて行けるようになった今、おうちの中は危険でいっぱいです・・・!!

まずニャンズな。
息子なりのニャンコへの愛情表現なんだろうけれど、無理やり掴みかかって頭をグリグリこすり付けるのは当然ダメだ、一目散に逃げていきますわ。それから、スーパースピードはいはいで正面からガンガン向かっていくのもダメだ。それ怖いわ。あとは尻尾。尻尾に掴みかかって・・・・以下略しますけれど、ニャンコたちは結構な具合で迷惑そうな顔をして過ごしています(笑)
安住の小部屋を作ってあげたいところだけれど、手狭な我が家にはそのような場所はないし、家猫だから外に出すわけにもいかん。
すまんねニャンズたち。
もう少し・・・もう少し辛抱しておくれ・・・!!


離乳食もぐいぐい進んでいます。
ただし卵の白身だけまだなんですよ。何でだろ(何でだろってアナタ)
保育園では1歳から移行食、結構しっかりめのごはんを頂くはずなので、急ぎアレルゲン要素の検証を行わなければ。
圧力鍋さまに頼りっぱなしの、素材の味を存分に活かした離乳食ですが、それでも何でもゴブゴブと(ほぼ丸飲み)食べてくれますので、とっても作り甲斐があります。
最近は気持ち味付け程度に、茅乃舎のだしパックを一緒に入れて煮ています。

 

茅乃舎 野菜だし 8g×24袋

茅乃舎 野菜だし 8g×24袋

 

これこれー。いやさすがに24袋も買いませんがw
この野菜だし。めちゃんこいい味。
前述の煮汁を野菜スープとして出していますが、息子の食いつき半端ないです。
ほぼ一気飲み。
減塩タイプや、にぼしだしのパックもあるみたいなので、また試してみようっと。

お魚が大好きです。
私の父が海釣り大好きなんで、釣果があればすぐに持ってきてくれます。天然の鯛を食べまくっている息子は幸せ者だなー。孫のためにと言いながら自分の趣味にまい進するお父さま、どうかいつまでも健康でいてください(笑)
お肉はやっぱりハンバーグですね。両手で掴みかかってゲンコツごと口に入れちゃうので往生しています。ゆっくり食べて。そして丸飲みはやめて。でもたくさん食べてくれておかあちゃん嬉しい。
最近はゴボウなんかも好きですね。そのおかげかお通じが素晴らしいです。
私の遺伝かな。わーい。

赤ちゃん用のお好み焼き粉を使ってみたところ、こちらもぐいぐいと食べる。ちょっともっちりした食感に仕上がるようで、それがまた美味しいみたい。こちらは喉に詰まらせないかとヒヤヒヤしていますけれど・・・


成長面では、お返事が出来るようになったし、相槌も打ってくれる。
リズムに乗って踊るし拍手もしてくれるしお洋服を脱ぐときにバンザーイもしてくれる。ちゃんと私の言うことを理解してくれています。
気に入らないことがあると一人前にキーっと反抗するしね(笑)
ただし指しゃぶりは依然そのまま。片時も離しません。
おかげで指の付け根んとこガッサガサ、真っ赤に腫れています。
もうねーこれは見守るしかないわー
最近、食べたり遊んだり、出来ることや行動範囲が広がったこともあって、時折指しゃぶりを忘れている瞬間があるみたい。このまま忘れ去ってくれるように尽力しますw指がアカギレみたいになっているのも痛々しいしね。
あと、ごはんを食べたあとのその手で耳の付け根を掻きむしって流血するのやめてェーーー毎日が二次災害勃発です。

そして毛髪・・・
若干濃くなったかな?という程度で、前と横の髪がいまいち伸びません。伸び悩み。
後ろ髪はヒョロヒョロと伸びてきています。このままいくとヤンキーさんみたいになるんとちゃう?面白いやんーと親らしからぬ熱い視線を送り続けています。


でも、可愛いからぜんぶ許す。(結局それかい)
息子よ、1歳おめでとう。
健康に感謝ァァ!!